無料ブログはココログ

« 北京の雪 | トップページ | 帰国 »

2013年3月23日 (土)

蔵学研究中心にて

蔵学研究中心を訪問してきました。北京大学東門からはバスで696号に乗り、安慧橋東駅で降りれば目の前です。ちょうどオリンピック村の隣にあります。
出版社で幾つか本を買いました。備忘録として以下に記します:

・根敦群培(著)、法尊(訳)『白史(漢、蔵)』中国蔵学出版社、北京(2012)
・陳蓮蒂、王玉平等(訳)『西蔵社会歴史蔵文檔案資料訳文集』中国蔵学出版社、北京(2012)
・張亜莎『11世紀西蔵的仏教芸術:従扎塘寺壁画研究出発』中国蔵学出版社、北京(2008)
・孫林『西蔵中部農区民間宗教的信仰類型与祭祀儀式』中国蔵学出版社、北京(2010)
・陳慶英、陳立健『活仏転世及其歴史定制』中国蔵学出版社、北京(2010)
・秦永章『日本渉蔵史:近代日本与中国西蔵』中国蔵学出版社、北京(2005)
・王志敬『敦煌蔵文語法研究』中国蔵学出版社、北京(2012)
・(法) 海瑟・噶尓美(著)、熊文彬(訳)『早期漢蔵芸術』中国蔵学出版社、北京(1994)
・(法)石泰安(著)、耿昇(訳)、陳慶英(校訂)『西蔵史詩和説唱芸人』中国蔵学出版社、北京(2012)
・(巴基)穆罕默德·尤素夫·侯賽因阿巴迪、穆罕默德・哈桑・哈斯拉得(著)、陸水林(訳)『巴爾蒂斯坦(小西蔵)的歴史与文化』(環喜馬拉雅文叢第1册)中国蔵学出版社、北京(2011)

『敦煌蔵文語法研究』のような本がすでに出版されていたとは知らなかった。さて、どのくらい使えるのかしら。

最後の『巴爾蒂斯坦(小西蔵)的歴史与文化』はウルドゥー語原著二冊の訳本で、とても重要。中国蔵学出版社の目録によれば、この環喜馬拉雅文叢では、少なくともあと二冊の出版が予定されているようです。バルティスタンもそろそろ本格的に目を向けなければと思っていた矢先のことでした。Dsc_0234

« 北京の雪 | トップページ | 帰国 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1862809/50906349

この記事へのトラックバック一覧です: 蔵学研究中心にて:

« 北京の雪 | トップページ | 帰国 »