無料ブログはココログ

« 『中国文化史大事典』(予) | トップページ | Dunhuang Studies: Prospects and Problems for the Coming Second Century of Research »

2013年4月11日 (木)

Historical Development of the Tibetan Languages

今日、武内紹人先生と林範彦先生からいただきました。


Historical Development of the Tibetan Languages: Proceedings of the Workshop B of the 17th Himalayan Languages Symposium (Kobe, 6th-9th, September, 2011) 『神戸市外国語大学研究年報』49. 2012 [2013].

内容は、2011年9月に神戸市外国語大学で開催された第17回ヒマラヤ言語学会のうち、Tibetan-Burmanを扱ったワークショップの論文集です。収録論文は以下の7本。


Tsuguhito Takeuchi, Formation and Transformation of Old Tibetan
Kazushi Iwao, Reconsidering the Sino-Tibetan Treaty Inscription
Tsuguhito Takeuchi, Old Tibetan Rock Inscriptions Near Alchi
Izumi Hoshi, The Flow of Eastern Tibetan Colloquial ^e into Middle Tibetan
Marius Zemp, Dramatizers in Purik and How They-Smack!-Evolved
Tsetan Namgyal. Exploring the Linguistic Influence of Tibet in Ladakh (La-dwags)
Shiho Ebihara, Preliminary Field Report on dPa' ris Dialect of Amdo Tibetan


« 『中国文化史大事典』(予) | トップページ | Dunhuang Studies: Prospects and Problems for the Coming Second Century of Research »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1862809/51189165

この記事へのトラックバック一覧です: Historical Development of the Tibetan Languages:

« 『中国文化史大事典』(予) | トップページ | Dunhuang Studies: Prospects and Problems for the Coming Second Century of Research »