無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2015年9月16日 (水)

Stein, Recherches sur l'epopee et le barde au Tibet

R. A. SteinのRecherches sur l'épopée et le barde au Tibet (1959)は、チベット学Img_0345にとって必携の書であるにもかかわらず全然手に入らないので有名な本ですが、最近ラッキーにも、古本屋で3000円(!)で買うことができました。しかもアンカット本。これは嬉しい!

しかしこの本はどうして再販しないのだろうか。もし再販されたらチベット学と周辺をやっている人はみんな買うと思う。
なお前掲本はBibliothèque de l'institute des Hautes Études Chinoisesシリーズのvolume XIIIにあたりますが、同シリーズのうちvolume VII
P. Demiéville, Le concile de Lhasa (1952)
は同じくチベット学必携書ですが、1987年に再販されたので比較的手に入れやすいのです。しかも1987年版は初めからページカットされていて製本も比較的堅牢ですから使いやすい。アンカット本は製本することが前提ですから、まあ弱いです。
話は逸れますが、最近故佐藤長先生旧蔵Le concile de Lhasaを手にいれることができました。全部ページが切られており、またところどころ朱・墨の書き込みがあって、しっかり読み込まれていたことがうかがわれます。

2015年5月 6日 (水)

岩本篤志『唐代の医薬書と敦煌文献』

岩本先生に御著書をいただきました。ありがとうございます。


内容は当然素晴らしいのですが、定価が3780円(税込)なのは本当にありがたい。日本の学術書、特に歴史系は基本的に高価になりがちなので、ちょっと分野が違うと手をだしにくいのが常です。その点、3000円前後だと手にとろうかという気にもなります。こういった形の出版が増えると結果的に購入者層の裾野が広がるようにも思います。



2015年3月28日 (土)

『敦煌写本研究年報』9

今年も出版されました、『敦煌写本研究年報』。はや、9号です。

前号より若干薄いですが、内容はバラエティに富んでおります。以下の10篇収録です。
高田時雄「日蔵敦煌遺書の来源と真偽問題」
荒見泰史「仏教儀礼の構造と文体」
大西磨希子「五月一日経『宝雨経』余滴」
永田知之「『文場秀句』補説ー『敦煌秘笈』羽072と『和漢朗詠集私注』」
高井龍「Ф96「双恩記」写本の基礎的研究ー特に各巻の写本の相違に着目して」
山本孝子「敦煌発見の書簡文に見える「諮」ー羽071「太太与阿耶、阿叔書」の書式に関連して」
佐藤礼子「道液維摩疏の受容を示す一写本ー羽094Rと北大蔵D245について」
田衛衛「従中原到敦煌ー<<秦婦吟>>伝播原委新探」
道坂昭広「日本伝存『王勃集』残巻景印覚書」
岩尾一史「敦煌莫高窟とT型題字枠再論」

2014年8月 2日 (土)

東方學研究論集

高田時雄教授退職記念論集である『東方學研究論集』が出版されました。



東方學研究論集刊行會(編)『高田時雄教授退職記念 東方學研究論集』2分冊、京都:臨川書店、2014.06.02.

[日英文分冊](485ページ)、[中文分冊](415ページ)という二分冊で構成された巨冊です。執筆者は合計65名、各国の各分野が重鎮から若手にいたるまで含まれており、錚々たる顔ぶれです。言うまでもなく、これも高田先生の学識の高さと広さ、そしてなによりもお人柄の賜物かと思います。



しかし、これだけの巨冊をまとめた編集委員の方々のご苦労も大変なものであったかと存じます。改めて、執筆者の一人として御礼申し上げます。
なお題字は高田先生ご自身の手になるもので、しかも巻頭には高田先生の御写真も幾つか付されています。1976年パリ撮影のレア写真は必見!

2014年3月25日 (火)

『敦煌写本研究年報』8

年度末恒例の『敦煌写本研究年報』刊行、今年は第8号です。以下の13報を収録しています(ココからダウンロードできます。バックナンバーはコチラ)。

---
白須淨眞「前涼・張駿の行政區畫改編と涼州・建康郡の設置 ―改編年次に係わる司馬光の見解と考古資料による新見解」
王晶波「中國古代“死而復生”故事的類型與演變」
荒見泰史「二月八日の出家踰城と敦煌の法會、唱導」
坂尻彰宏「公主君者者の手紙―S.2241 の受信者・發信者・背景について」
大西磨希子「聖語藏の『寶雨經』―則天文字の一資料」
永田知之「陳寅恪論及敦煌文獻續記―遺墨「敦煌研究」と講義「敦煌小說選讀」」
藤井律之「五胡十六國覇史輯佚補遺」
高井龍「S.1519V「寺院收藏文獻目録(擬)」に見る 10 世紀敦煌の講唱體文獻」
山本孝子「公私書札禮と社會秩序―書儀に見る〈おおやけ〉と〈わたくし〉」
徐銘「敦煌本「七七齋」資料再考―その齋會のあり方を兼ねて」
呂德廷「《敦煌秘笈》部分佛教與道教文書定名」
岩尾一史「再論「吐蕃論董勃藏修伽藍功德記」―羽 689 の分析を中心に」
高田時雄「李滂と白堅(三補)」
---
今年度で高田時雄先生が京都大学人文科学研究所を退職されるのに伴い、研究班は終了です。先生の開催される研究班に長らく参加させていただき、高田先生をはじめ班員の方々から本当に多くのことを学ぶことができました。長い間お世話になりました。心から御礼申し上げます。
なお、
「《年報》は繼續して刊行豫定です」
ということです!

2013年7月 2日 (火)

Eighteen Lectures on Dunhuang

Facebookで知った情報。

栄新江『敦煌学十八講』の英訳がBrillから出版されるとのこと(ココ)。
訳者はCambridge UniversityのImre Galambos氏です。

2013年6月14日 (金)

高田時雄先生から

高田時雄先生より別刷をいただきました。ありがとうございます。

Takata Tokio, Qianlong Emperor's Copperplate Engravings of the "Conquest of Western Regions," Memoirs of the Research Department of the Toyo Bunko, No. 70, pp. 111-129 (2012).
高田時雄「乾隆得勝圖 平定廓爾喀得勝圖 別冊解説」臨川書店, pp. 1-21(2012).
前者は此処でPDFが公開され ています。後者は臨川書店から出版された『乾隆得勝図』に付された解説。

2013年6月 7日 (金)

『新アジア仏教史09 須弥山の仏教世界』第2刷

すでに2010年に出版された概説書ですが、この度、第2刷が改めて出版されましたので、ちょっと宣伝。


沖本克己(編)『新アジア仏教史09 須弥山の仏教世界』(第2刷)佼成出版社、2012.




『新アジア仏教史』全15巻のうちのチベット専巻です。私も古代チベットの箇所を担当させていただきました。全493ページ中の20ページにも満たない分量なのですが、私にとっては初めての概説でしたし、ちょうど留学中で手元に史料もなく、存外に四苦八苦した覚えがあります。私のことはさておき、他の執筆者は皆様手練の方々ばかり、記述は平易で読みやすいのですが内容は高度です。今のチベット研究の水準を知るには最適の本ではないでしょうか。





個人的には、ちょっとした間違いも直すことができたので良かった(笑)。

2013年5月31日 (金)

「綴織当麻曼荼羅図伝来考」

佛教大学の大西磨希子先生より、少し前にいただきました。ありがとうございます。

大西磨希子 「綴織当麻曼荼羅図伝来考-奈良時代における唐文化受客の一様相-」. In 大橋一章博士古稀記念会 (Ed.), 『てら ゆき めぐれ:大橋一章博士古稀記念美術史論集』 東京: 中央公論美術出版(2013)、pp. 235–249 .

ビチェース・プロジェクト成果報告書

松田孝一先生よりいただきました。

松田孝一・オチル(編)『モンゴル国現存モンゴル帝国・元朝碑文の研究:ビチェース・プロジェクト成果報告書』大阪:大阪国際大学(2013).

古巣の研究室に送ってくださっていたようで、確認するのが遅れました。あらためて感謝申し上げます。

その他のカテゴリー